歌声日和が終わると、来月にやる曲をみんなで決めます。

そして、曲、各曲のキー、曲順を決めて書いたメモをみんなで写メを撮ります。

これだけです。

そして、家に帰ると私とアコーデオンの結城さんは各自メモを見ながら楽譜を揃えます。

そして、各自で練習。

そして、当日になります。

 

当日、クレオの場合は鍵をもらって椅子を並べてセッティングしている間にお客様が次々とお越しになるので練習や音出しは無しです。

せめて歌集と楽譜のサイズを合わせたいのですが、その時間もない場合があります。

そういう時は。。。

何かが起こります

 

「次の曲は3番まで?間奏無し?」というくらいの確認を小声でしますが、たまに楽譜と歌詞のサイズが違う場合があります。

ジャン!とばっちり決めて終わったつもりが最後のフレーズをもう一度繰り返すという事もあります。

心臓が飛び出そうな驚きがやってきますが必死でごまかします。

 

前回は、ピアノとアコーデオンで曲のキーを合わせていたのですが、

不思議なもので同じ曲でも編曲者が変われば長さが変わることもあります。

結城さんはこの「C」のキーの楽譜を何種類か持っているらしく、たまたま違うサイズの楽譜を持ってきたようでした。

私たちが弾き出してから、「あれ?曲のサイズが違うぞ!」とお互いに気付きました。

お互いに相手を伺いながら弾いてしまったために、スムーズに終わる事が出来なくてかなりぐるぐると長くなってしまいました。

その曲はハミングで歌っていたので、なおさら「今、どこ?」状態でした。

あ〜。怖かった。

石山先生に「終わらへんと思ったわ!」と笑われましたが、何とか無事長めの曲で終了。

 

このな事もありますが、出来るだけ楽しんで頂けるように頑張っていますのでこれからもよろしくお願いします♡

 

 

 


今年初の投稿文採用。

この小さな本が好きで、今までにたぶん30回以上は投稿文を採用してもらってます。

毎回、本と一緒に丁寧に送られてくる挨拶文が素敵。

「前略 ごめんくださいませ」

言葉に笑顔を感じる。

かわいらしい言葉。

写真が横向きですみません。

 

(@^^)/~~~ではまた。

 

今まで何回挫折しただろうか。

「英語」。。。

 

そして、やっとみつけた自分流が、

テレビの二か国語放送をまず録画する。

おすすめは「レイチェルのキッチンノート」や「機関車トーマス」、「スポンジボブ」。

何度でも飽きずに見られる映像がいい。

そして、1回目は日本語で再生して、2回目は音声切り替えで英語。字幕あり。

3回目は字幕なし。

スピードもゆっくり再生したら聞き取りやすい。

 

これなら好きな時間にできる。

再生して、用事をしながら音声たけを聴くとまるで「スピードラーニング」みたい。

 

しばらくは、これで続けてみようっと。 

 

ゆる〜く。ゆる〜く。


今日テレビで英語の番組を見ていたら1つ疑問が。

 

「料理をする」時にはcookの単語を使いますが、これは火を使った調理の場合で、火を使わないサラダやサンドイッチを作る場合はmake を使うそうです。

 

たしかに、サラダは火を使わないけど、サンドイッチは玉子を焼いたら火を使うなあ。その場合はどうなんだ?

 

と変な疑問が。。。

 

もっと学生の頃にしっかりと勉強をしておけば良かったなあ。

 

今更ながら、ゆる〜く英語のテレビだけみてます。

単語の1つでも頭に入ったらラッキーくらいのつもりで。

 

ゆる〜く。ゆる〜く。


今朝、夫と朝ごはんの時に話をしていて、なぜか童話「アリとキリギリス」の話になりました。

たしか、働き者のアリと怠け者のキリギリスの話だったと思うのですが、

夫が言うには、「キリギリスは1年中働かずにバイオリンを弾いていたように思う。」と。

そう言われれば、子どもの頃に読んだ絵本のさし絵はキリギリスがバイオリンのような弦楽器を弾いていた様な気がします。

それに、ムーミンに登場するスナフキンはギターを弾いて自由に暮らしている。

弦楽器には自由でお気楽なイメージがあるのかな?と。

でも、夫は「もしかすると、キリギリスは、バイオリンのプロを目指して1年中猛練習をしていたのかもしれないぞっ!」て。

 

なぜか、キリギリスをフォローするのでありました。。。。

たしかにな〜。。。


私が歌の伴奏で弾いている楽譜は、1段譜です。

メロディとコードネームが書かれています。中には歌詞が書いてある事もありますが、ほとんどが1番のみです。

 

ですから、例えば、5番まである歌の場合は「今、何番目」かを覚えておく必要があります。

 

ところが、数ページある楽譜を1枚に収められているので、繰り返し記号だらけです。

必死で目であっちやこっちに追いかけます。

 

いつも弾きながら「あれ?今、3番?4番?」と焦る事もあります。

 

そんな時はMCのナウロコさんが「はい、3番❗」と言ってくれるので助かります。

 

ナイス アシスト❗

さすがに4年目のチームワークの素晴らしさです。

 

こんな感じでやってます(^_^)

 

 

今日は天王寺区のクーラコモンズさんでの歌声日和の日でした。

大阪マラソンと重なって通行止めの中40分かけて歩いて来られた方もいらっしゃいました。本当にありがとうございます。私たちもうれしくなり、張り切っちゃいましたよ。

 

今日のソロタイムは

結城さんのアコーデオンは「エル チョクロ」という曲です。 スペイン語で「とうもろこし」という意味だそうです。

みなさん うっとり。

ピアノのソロは、

「虹と雪のバラード」を弾き語りしました。石山先生も一緒に歌ってくれました。

札幌オリンピックの曲でとてもきれいな曲なので、お客様も口ずさんでくれました。

石山先生の「笑いヨガ」とナウロコさんのMC。どちらも笑いっぱなしの歌声日和でした。

 

今日は、笑いっぱなしであまり写真を撮らなかったので下の写真を載せます。

 

うえまち新聞に載った歌声日和の広告です。

 

(@^^)/~~~では また。